大正から引き継ぐヤマダイふじた
1918年(大正7年)に初代「藤田弥一」が創業。昔と今も変わらず古平町の特産品たらこ」をメインに水産加工業を営んでいます。
現在は5代目「藤田恭介」が引き継ぎ、社名を改め「株式会社ヤマダイふじた」として新たにスタートいたしました。

 

今でも変わらず伝統の製法・味を守り続け、ほんとうに良いものを従業員一同心を合わせて日々たらこ作りに専念しています。
ヤマダイフジタのスタッフ

 

 

たらこについて

5代目 藤田恭介

 

5代目の藤田恭介です。北海道古平町で生まれ、古平のたらこを守り続けています。「ヤマダイふじた」は大正創業以来、様々な困難を乗り越えてきました。
古平町はかつて北海道でも活気があった場所でもあります。以前のような活気を取り戻したい!この気持ちを曲げずにタラコを通じてPRも活動しています。

 

手作りしか引き出せない本当のタラコ

手作りのタラコ
ヤマダイふじたでは古平の伝統製法を大正創業から守り続けています。機械化には頼らず、
その時期に採れた魚卵の状態、塩加減、熟成時間などを人の目と舌・感触で確かめ、安全と最も良いタラコを作っています。